不愛想でデカくて汚い、名前のない野良ネコに出会った、少し悲しい話

スポンサーリンク
不愛想でデカくて汚い、名前のない野良ネコに出会った、少し悲しい話

私は、現在も愛猫がいますが、子供のころから何度か野良猫を拾って家族として生活してきました。

少し猫アレルギーがありますが、くしゃみ、鼻水、涙を差し引いてももふもふしたい程、極度の猫好き。

猫がホコリまみれになってくると結構ひどい事になります。

猫アレルギーと引き換えに、沢山の癒しをもらえるので心の平和の為にはとても良いですよね。

ただ、猫はやっぱり寿命があるし、いつかは必ず別れが来ます。

かなり前の話ですが、この時期になるといつも、不愛想な名前もない野良猫を思い出します・・・。

愛想の悪い猫

そのころ我が家では猫を飼っていない時期だったのですが、田舎なのもあって稀に野良猫を見かけることがあります。

ある日洗車をしていると、たまたま家の前の見るからに不愛想な、デカイ汚い猫が通りがかった。

当時の写真はないですが、トップの写真はまさにこんな顔。

「おぉぉ猫来たー!」

と、不愛想でデカくて汚くてブサイクですが、久しぶりの野良ネコの到来に興奮した私は、とりあえず適当な餌をあげると警戒しながら恐る恐る食べて逃げて行きました。

次の日

猫ってご飯をあげると必ずと言って良い程、また来ます。

餌を用意して待ち構えていると、不愛想な猫は案の定、同じくらいの時間にやってきました。

ただ、猫との間合いは3m位。そうそう近づいては来ません。

そうしてエサをあげ始めて数ヶ月、毎日のようにエサを食べてはどこかに逃げて行きました。

普通、野良でもエサをあげてると慣れてくるので、捕まえて去勢して飼うつもりで餌付けしていました・・・。

数か月後

数ヶ月経ちましたが、その猫はよほど人間が嫌いな様子で、一向になついてくれませんでした。

それでも何とか間合いが1mくらいまで近づくことが出来たので、満を持して手からエサを直接上げてみる事にしました。

すると、

「痛っ!」

猫の右フックがヒットして私の手から流血。本気の猫パンチはやっぱり早いデス・・。

ご飯は食べに来るのに一向に人間は嫌いらしい・・。

その猫はご飯を食べた後、いつもはさっさとどこかへいってしまいますが、その日は珍しく、こちらをジーっと見て何か言いたそうにしばらくたたずんでいました。

突然エサを食べに来なくなった

その後もちょくちょくご飯を食べに来ていたのだけれど、ある日ぴたりと来なくなりました。

「あれ、最近来ないなぁ、どうしたんだろう・・」

と心配していましたが、一向に来ない。

気にはかけていても、普段どこで過ごしているのかもわかりません。

季節は秋から冬になりつつあります。

寒い季節になってきたからどこかの家でエサをもらって軒下で温まっているのかな・・・。

久しぶりの再来

しばらくして、久しぶりにご飯を食べに来ました。

「なんだ、他の所でエサでも貰っていたのか」

と、餌をあげると、食べ方が少しおかしい事に気が付きました。

口からはよだれが出ているし、上手く噛めないので無理やり飲み込んでいる様子。

「これは・・・。」

野良は猫エイズとか白血病的なもので、目に見える症状があると、あっという間に天国に旅立ってしまう事が多いです。

過去、野良を何度か病院に連れて行った事がありますが、やっぱり症状がでるともう手遅れでした。

ただ、捕まえる事ができないので仕方なくご飯をあげるだけしかできませんでした。

その日、猫はこちらを見ながらやっぱり何か言いたそうに暫くたたずんで去って行きました。

軒下

それからその猫は来なくなりました。

可愛そうだなとは思いますが、捕まえることが出来ないのでどうする事も出来ません。

それから、1週間ほど経って家の裏の軒下で冷たくなっているその猫を見つけました。

「最後の場所をここを選んだんだね・・」

と寂しいながらも、庭に埋めて葬りました。

野良は天国に行く時は、どこか人間の見つからないところで旅立つことが多いらしい。(交通事故や発情期の交配の為に旅立つこともあるそうです)

もちろん、体を休めるために、外敵や人目につかないところに隠れてそのまま旅立つという事もあります。

この猫は猫なりにエサをもらったことが有難かったから、この家で最後を迎えることを選んだのかな・・・。

もしも・・・。

もし、もう少しなれ合う事ができたら・・・。

捕まえる事が出来たら・・・。

もう少し長く生きてたりできたのかなぁとか、色々考えます。

ただのエゴかもしれないけれど、あのとき何が言いたかったんだろう・・・って。

人間はコミュニケーション取れるから痛ければ痛いと言って分かりますが、動物はそうはいかないから、難しいです。

動物を飼う以上、天国へ送り出す事は必ず訪れる事で、寂しいから飼わないという選択肢もありますが、その間にもらった癒しの方が大きいので、私は今後も野良との出会いがあればまた拾います。

秋になりつつある時期になるといつも思い出す・・・ちょっとしんみりした話でした。

ではまた次回。

スポンサーリンク