C-HACK

生活に役立つ話やSEO対策関連の備忘録

禁煙失敗!禁煙外来成功率&チャンピックスの効果と本当に怖い副作用とは?

スポンサーリンク

だるい・眠気・太る!禁煙外来成功率&チャンピックスの効果と怖い副作用の真実とは?

禁煙。止めました。ハイ。私は現在は煙草を吸っている喫煙者です。

と、最初に、今現在タバコを吸ってることを吐露します。

 

去年まで2年間、禁煙外来に通い禁煙に完璧に成功して、きっちり一本も吸わなかったけれど、結局の所、タバコを吸う事を選び、また喫煙者の仲間入りになった禁煙失敗者です。

 

煙草は百害あって一利なしというし、実際タバコをやめると、体力面での息切れなどは大幅に改善した。タバコに使うお金も無くなった事で家計の負担も減った。

 

しかし、私の場合、結論から言うと、

禁煙成功
               ⇓
┗ 体重コントロールできなくなった。
               ⇓
┗ 結果、大幅に体重は増加。
               ⇓
┗ 健康診断でコレステロール、脂質が大幅に増加。
               ⇓
┗ タバコを吸っている時よりも健康診断数値が悪くなる
               ⇓
┗ 生活習慣病のカウンセリングを受ける
               ⇓
┗ 痩せる薬をもらう
               ⇓
┗ 痩せられないのでタバコ復活、体重元に戻る
               ⇓
┗ 結果、喫煙者に戻る

という生活習慣病予備軍になりかけたことをきっかけに、禁煙をやめて煙草を吸った所、体重も減って健康診断数値も元に戻るという結果に。

 

禁煙外来は処方される薬(チャンピックス)を飲みければ必ずと言って良いほど、タバコは止められる。

 

しかし、副作用は桁外れにひどい。

 

今回は禁煙のメリット、本当に怖いデメリットについて、私が経験した体験談を元に、薬の症状・体調の変化・経過はどのようになるのか?

など、詳しく解説していきます。

禁煙外来とは何する所?

まず最初に禁煙外来は何をするところか?という所から。

当たり前の様に知っている「禁煙外来」という言葉だけれど、実際何をするか知らない人も結構多いはず。

実際の流れは以下の通り。

1.初診はカウンセリングから

まず最初に禁煙外来に通うとカウンセリングが始まる。

基本はアンケートと現状検査から。

・煙草を吸う銘柄
・煙草を1日に吸う本数
・息を一酸化炭素濃度チェッカーで測定

アンケートと息を吹きかけると計測できる、一酸化炭素濃度を測る機械で計測をする。

2.呼気一酸化炭素測定とは?

 呼気に一酸化炭素測定がどの程度含まれているかを計測する装置で、手で持てる小型の物。15秒息を止め、装置の筒に息を吐きかけると測定できる。

 

呼気中の一酸化炭素メーターは、

■0~7
⇒煙草を吸っていない人
■8~14
⇒軽度に煙草を吸う人
■15~24
⇒普通に煙草を吸う人
■25~34
⇒沢山煙草を吸う人

に分けられる。

私の場合、27という数値が出た。ヘビースモーカーだ。

武道はしているけれど、タバコは昔から吸っていたので止めていない。

体力的には当たり前に落ちるが、アスリートではないので十分闘える。

 

この一酸化炭素濃度の数値は嘘はつけない。正確に数値が出るけれど、数値がどう、ヘビースモーカーだからダメというのは一切ないので、普通に測れば良い。

3.禁煙手帳と禁煙宣誓書

先生のカウンセリングはお決まりのパターンで、簡単に終わる。

ニコチンパッチなどで禁煙するかと思っていたけれど、「チャンピックス」という禁煙補助薬を朝と晩に飲むようにして下さいという説明だった。

 

そして禁煙手帳を渡され、毎日タバコを吸った本数と、体重を書けとの事。

 

また、禁煙宣誓書という一枚の紙に、

私はニコチン依存症であることを認識し、禁煙の害並びに禁煙の効果を十分に理解した上で〇月〇日より禁煙することを宣言します

という宣誓書に名前を書かされた。

 

この日付は2週間後の日付だ。

2週間で止められるわけがないと思いつつサインをする。

 

病院によって違うかもしれないけれど、演出であって、守れなくても何も問題がないのでサインしておこう。

4.禁煙手帳は必ず書く

渡された禁煙手帳は毎日タバコを吸った本数と体重は嘘を書かずに書けば良い。

次回以降の診察で経過を見る為に使う事になる。

 

吸った本数と体重は書いておいた方が煙草を止めやすいので書くことをお勧めする。

良くあるレコーディングダイエットなどと一緒の意味。

5.禁煙外来の診察料の値段はいくら?

禁煙外来の費用はいくらぐらいかかるのかは結構気にするところ。

診察料の相場は、2か月~3か月で13000~20000(薬代含む)

普通は保険が3割負担になるので適応されての価格になる。

 

診察は5回。初診、2週間後、1か月後、2か月後、3か月後になる。

 

保険適用期間は3か月のみになるが、3か月で薬さえちゃんと飲めばほぼ100%止められるので問題はないし気にする必要はない。

 

私はヘビースモーカーだけれど2ヶ月で止める事ができたのでお金の無駄だし、3か月目の診察はブッチしていかなかった。

 

そのくらいチャンピックスという薬の効果は非常に高い。

 

ちなみに禁煙外来は1年に1回だけ保険が適用になるので、一度失敗するとまた来年以降に保険が使える仕組みになる。 

禁煙外来の成功率は?

よくCMなどでも禁煙の成功率とかをやっているが、実際の所、チャンピックスをちゃんと飲んでいるかどうかがポイントになる。

 

飲み続ければまず確実にタバコを止めることができるが、副作用が嫌で飲むのをやめると大体失敗する。

 

私が通った病院で、先生は成功率は50%と言っていた。

 

ただ、これは禁煙外来3か月の期間中のことであって、実際の数値はかなり低いと思われる。

良く世間だと80%だとかも言われているけれど、実際、私の様に、数年後に喫煙者に戻った人は一切カウントされないので、本当の禁煙成功率はかなり低くなることが想定できる。

実は禁煙外来中もタバコは吸っていい

禁煙外来に通うとタバコをすぐに自力で止めなければいけないと思っている方も多いと思う。

しかし、実は吸っていても良いのでその辺は安心して良い。

 

チャンピックスを飲む事で徐々にタバコがまずくなり、吸っても全く美味しくなくなるので自然に止める事が出来るという仕組みだ。

 

およそ2ヶ月もチャンピックスを飲んでいるとほとんどの人が煙草に嫌気がさしていらなくなるし、タバコを吸っている他の人の息すら嫌悪感を頂くようになる。

 

私の場合30m先位のタバコを吸っている人のニオイも吐き気がするほど嫌で、喫煙者の近くに寄りつかないくらいになった。

処方されるチャンピックスってどういう薬?

チャンピックス

 チャンピックスは禁煙補助薬で錠剤タイプになる。

飲み続けて1週間後くらい経つ頃にはタバコの味が徐々にまずく感じる薬だ。

 

先ほども言ったように、2ヶ月もするとタバコを吸っても全く美味しくなくなるどころか、気持ち悪さも感じるほど嫌になってくる。

 

飲み方としては

最初の3日間は1錠(小さい錠剤)
4~7日目・・・1日2錠(小さい錠剤)
8日目以降・・・1日2錠(大きい錠剤)

基本朝と晩に飲む。

7日まで錠剤のサイズは小さく、8日以降は大きいサイズを飲む事になる。

大きいサイズは量が倍くらいになる。

 

大きいサイズは結構きつく、煙草の味だけでなく、人が吸っている煙さえ嫌気がさすようになり、タバコが嫌いになるという魔法の薬だ。

チャンピックスの効果と超怖い副作用

チャンピックスは効果は折り紙付きの魔法の薬だけれど、副作用が本当にびっくりするほどひどい。

私が経験した副作用としては以下の通り。

頭がボーっとする、頭痛がする

まずはこれ。頭がボケーっとするし頭が締め付けられたようになる。

人によって症状は様々なようだけれど、私の場合、生活に支障をきたすかどうかのギリギリのレベル。

身体を動かす仕事ならまだしも、事務職になるとうまく頭が働かないくらい一日中嫌気がさすくらいになる。

禁煙したいからということで我慢するほかない。

吐き気がする

チャンピックス単体で飲むと吐き気がする。吐き気なだけで、実際吐く事はない。

私の通った所は、「ドンペリドン」という酔い止め的な吐き気を防ぐ薬を一緒に処方された。

単体で飲むよりは大分吐き気が軽減されるが、それでもやっぱり気持ち悪さは残る。

めまいがする

めまいもする。主に頭がボーっとしたりすることの関連でめまいもする。

車で移動する事が多い人は要注意だ。

基本車の運転は控えた方が良い。夜だけの服用にするなどの時間の調整が必要になる。

その他の症状 

チャンピックスの副作用の但し書きは、初診でもらう冊子の中に書いてある。

ほかの症状として、

・お腹のはり・便秘
・不眠や変な夢を見る
・気分が落ち込む
・焦りや不安を感じる
・死んでしまいと感じる

など、とんでもないことも実際書いてある。

ニコチン離脱症状はマヂできつい

チャンピックスを飲み始めて1ヶ月もすると煙草の本数は0に近くなってくる。

 

良し、もうタバコいらないから0本にしよう!

 

という日が必ず来る。

 

そして完全禁煙を始めて1日目から、ニコチン依存症の離脱症状がはじまる。

 

薬によってタバコは吸いたくないけれど、ニコチン依存によって、

・身体はだるい
・眠気がする
・イライラする
・落ち着きが無くなる

 といった症状が出始める。

 

チャンピックスの吐き気やボーっとした症状に加えて離脱症状もあわさるので、タバコが嫌いになった嫌気とダブルパンチで気分は最悪だ。

 

ボーっとしていて眠れないのに眠気も合わさってくる。そして落ち着きも無くなる。

 

そしてイライラが我慢できなくなって1本吸うと恐ろしくマズイので吸えない。

という訳が分からない状態がしばらく続く。

 

これが嫌でチャンピックスを飲むのを止めてしまい禁煙を成功できない人が50%という理由だ。 

 

眠気・吐き気・だるい・ボーっとするは当たり前。

薬を飲んでいる間はこの症状がずっと続く。

 

薬に慣れて少しは良くなっても眠気、吐き気、だるさ、頭痛など身体の調子はすこぶる悪い。病院の先生も最初に一応説明はしてくれるけれど、想像以上だ。

 

私の場合、気持ちの悪くなるチャンピックスをこれ以上飲むくらいならタバコをやめた方がマシという決心から煙草を完全に止める事が出来た。 

味覚の変化という異常事態の発生

タバコの本数が0本に近くなるに連れて、次第に味覚の変化が始まる。

どのような変化というと、

 

何を食べても信じられない位美味しい

 

と感じるようになる。

先生曰く、味覚が正常に戻るからだそうだ。

 

それはそれは尋常じゃないレベル。

 

生まれてこの方ご飯がこんなにおいしいのか!?とビックリする。

 

いつも食べているお菓子を食べても尋常じゃないレベルで美味しい。 

 

分かりやすくいうと、

・スーパーの300円のステーキが2000円位のステーキに・・・。
・小さい個包装のチョコケーキが有名パティシエが作ったか位の味に・・・。
・妻が作った手料理が外食レベルへ進化する・・・。

くらいの味の変化が起きる。全然、けして大げさではない。

 

禁煙外来に行った他の人の話も聞いても同じなので私だけではないはずだ。

 

煙草は嫌いになったけれど、何年も吸ってきたタバコの手の癖は治らないので、手持無沙汰になり、お菓子を食べ始めるようになる。

 

で、結果、

 

太り出す。

 

ものスゴイ勢いで・・・。 

電子タバコは禁煙に効果がある

電子タバコは効果が微妙

結局、手持無沙汰からお菓子を食べる事を考えて、予防策として電子タバコを吸う様にした。

今の電子タバコは香りがフルーツ系やメンソールだったりと意外に美味しいものが多く写真の様に、タバコサイズくらいのものもある。

 

ニコチンは入っていないので、あくまで手持無沙汰だけの解消で、満足度はさほどないが手持無沙汰は改善できる。

 

禁煙期間中の心の保険として持っておくだけでも安心感はとても増すので持っておいても損はないと思う。

禁煙中の体重の変化。痩せた?太った?

チャンピックス体重の変化。痩せた?太った?

チャンピックスを飲み始めると気持ち悪さから一旦少し痩せる。

 

しかし、味覚が異常に回復するので2か月も経つと一気に太り出す。

先生の話だと10Kgオーバーになる人もいるらしい。

 

私の場合、禁煙外来中に5kg程増え、禁煙成功後、合計で8kgほど増えた。

 

とにかく何もかもがトンデモ美味しいのでご飯もお菓子も余分に食べる様になってしまう。

 

禁煙する副作用として一番怖いのが、太るという事。

  

普通に禁煙は出来ないけれど、強制的に薬で禁煙する事によって、タバコは止められたけれど、どんどん太っていく。

 

タバコを止める事より、この体重コントロールが本当に一番難しい。 

禁煙した事による健康不良の発生。

禁煙に成功して半年後、健康診断があり、健康診断の判定はD。再検査が必要なレベルになった。

 

原因は、太った事によって脂質異常とコレステロールが異常値に・・。

 

再検査をした結果、今すぐ薬を処方するという事ではないけれど、生活習慣病予備軍なので今度は同じ病院で生活習慣病のカウンセリングを受ける事に。

生活習慣病カウンセリング

血液検査と、栄養士の先生と食事のヒアリング、改善提案などをクドクドを説明をうけるカウンセリングだ。

 

私は頭が悪いけれど、言われなくてもそれくらい分かるくらいのレベルで説明を受ける。

 

幸い、栄養士の先生が美人だったので話を聞いたけれど、先生がおばさんだったらとても我慢できないレベルだった。

 

それで結局面倒になったので

 

先生!痩せる薬を下さい。

 

と頼むと防風通聖散とエルカルニチン錠剤という薬をもらった。

基本、脂肪の代謝を高める薬の様子。

 

これが月に1万位する。下手なダイエットサプリより高い。

全然痩せない

処方された防風通聖散とエルカルニチン錠剤をのみ始めて2か月経ったが、全く痩せない。

確かに便通などのめぐりは良くなったものの、お腹が減った分余計に食べてしまい、結局のところただ、太らなくなったレベルだ。

 

薬の値段も高い&効果も薄いので結局無意味だった。

2年後、最初の一本を吸う

2年後、最初の煙草一本を吸う

 2年以上経った。しかし体重は変わらないし、痩せない。

味覚の異常事態は半年もするとある程度収まるけれど、太った分は元に戻らない。

 

禁煙成功してタバコの煙は相変わらず嫌いになったままで一本も吸わなかったけれど、体重も戻らないし、また禁煙すれば止められる自信があるので、仕事仲間に一本もらって吸ってみる事にした。

 

タバコ・・美味すぎた。

 

あれだけタバコのニオイが嫌いだったのに、2年ぶりのタバコを1本吸っただけで、余りのタバコのうまさに2年間禁煙していた感覚が一瞬で吹き飛んだ。

 

それから2本、3本と吸うと、あっという間に喫煙者の仲間入りだった。

煙草を吸い始めたら痩せ始めた

喫煙者に出戻ると、体重が徐々に落ち始め、数ヶ月で元のレベルに落ち着いた。

運動すると息切れなどはやっぱりするが、精神状態と内蔵的な健康状態は禁煙していた時より良いし、痩せた事で脂質異常やコレステロールも落ち着いた。

最後に。煙草を楽して止められることなんて無い。

f:id:cumax:20170823152529j:plain

タバコはもちろん身体に悪い。禁煙すれば年間十万円以上のお金の節約になるし、ガンのリスクも低くなる。

 

一見、いいことずくめなように見える禁煙だけれど、太ったことによって生活習慣病のリスクが激増したのは事実。

 

私の場合、どちらを取るかを選択した時、悪いと知りながら、喫煙者に戻ることを選択した。

 

病院の先生は元からタバコを吸っていない女の先生だったので、流れ作業でチャンピックスを処方するだけで、太るリスクの事はそこまで教えてくれなかった。

 

喫煙して癌になるか、禁煙して生活習慣病で糖尿などになるか・・・。

 

勿論、運動して禁煙するのが一番なのは周知の事実。

しかし、意識高い系でないと体重コントロールすることはなかなかに難しい。

 

私自身、今の所身体に問題がないから吸っているが煙草の値段が1000円などに値上がりしてきたらまた禁煙すると思うし、禁煙外来に行かなくても、チャンピックスを飲めばタバコは止められるのはほぼ間違いない。

 

将来、どちらの病気が早いかはわからないけれど、禁煙すると体重増加による生活習慣病のリスクという本当に怖い副作用があることを一つの例としてご参考にして頂きながら禁煙外来に通って頂きたい。