LINEスタンプの申請の仕方と著作権をクリアする方法。自作して作ってみました。

スポンサーリンク
LINEスタンプの申請の仕方と著作権をクリアする方法。自作して作ってみました。

lineスタンプは現在販売されている数も30万後半近く販売されてます。

一生懸命作っても、自分で宣伝しない限りはまず売れないですよね・・・。

私もラインスタンプ長者が・・・なんて言われ始めた頃に参戦しようとしましたが、絵心が全くない事に気が付いたので諦めました。

最近になってツイッターで初めて我が家の猫をアップするようになってから、そういえばラインスタンプって写真もスタンプに出来る事を今更ながら知り、今回作ってみる事にしました。

勿論売れない事は重々承知の上で、記念の為に・・・。

無料で配布する事は出来ない

まず最初にラインスタンプって無料で配布する事が出来ないかを調べると、出来ないようですね。

他のサイトを経由したりして画像をダウンロードするようにしても結局、画像が透過(画像が背景に透ける)するできない様です。

残念。タダで配布したいんですが。。。

公式のラインスタンプとしては販売申請を通して販売し、買って使う他無いようです。

LINEスタンプの申請は意外に簡単

申請の仕方は実際やってみると意外に簡単でした。

LINE CREATERS MARKET

LINE CREATERS MARKET(ラインクリエイターズマーケット)の「登録はこちら」からアカウント申請をします。

登録申請画面はこんな感じです。

LINE CREATERS MARKET 登録

基本的な個人情報を入力します。

情報の入力が終わって申込みが完了すると、メールで登録確認が届くのでメールの中のURLをクリックすれば完了です。

後はLINE CREATERS MARKETにログインし、新規登録からじさくしたスタンプの登録や、スタンプ登録情報などを登録していきます。

LINEスタンプを新規登録する

LINE CREATERS MARKET 新規登録

マイページにログインすると、左上に新規登録ボタンがあるので、そこからスタンプ情報を登録していきます。

スタンプのタイプは最近はアニメーションスタンプが主流になってきていますが、今回私は静止画の写真で登録していきますので普通の「スタンプ」を選択します。

その他タイトルや説明文、スタンプのカテゴリなどを選択して登録すると、画像を登録できるようになります。

lineスタンプ 作品が確認できるurl

登録画面の中に、「lineスタンプ 作品が確認できるurl」という欄がありますが、SNS・ツイッター、ブログやサイトなどのURLを入力しておきます。

審査の時に著作権がちゃんとしているかどうかをチェックするためなので、URLがある方は入力しておきます。

LINEスタンプ画像を登録する

LINEスタンプ画像を登録する

スタンプの文字情報が登録できると、次はラインスタンプ自体を登録(アップロード)していきます。

ラインスタンプの画像の大きさなどは規定があるのでその通りにしていきます。

毎ページの中に「販売ガイドライン」というボタンをクリックすると、販売するラインスタンプの画像サイズ、テキストの長さ、送金先の銀行登録の仕方なども載っています。

LINE CREATERS MARKET 新規登録 画像

画像を登録し終わったら販売価格情報のタプで販売金額も設定できます。

LINEスタンプシミュレーターがあるので、プレビューしながら見栄えなどを調整してきます。

ラインスタンプのリクエスト(申請)をする

ラインスタンプの登録、手直しなどが完了して、「もう販売してもOK!」の場合は、画面右上にある、「リクエスト」ボタンをクリックすると、スタンプの申請が出来ます。

一度申請が通って販売開始になると、販売しながらの修正はできないようなので、一度販売停止にしてから再度修正⇒審査ということになると思います。

ラインスタンプの審査・申請期間はどれくらい?

ラインスタンプの審査期間は渡井の場合、1週間強位の日数がかかりました。

大量のスタンプをチェックしているでしょうから、時間が掛かるんでしょうね・・・。

スタンプの審査に落ちると・・・

私の場合、著作権で審査に落ちました。スタンプ登録時に入力する、「lineスタンプ 作品が確認できるurl」にツイッターのURLを書いておいてもダメでした。

同じ猫という事は分かるのですが、本人かどうかは分からない為でしょうね。


「著作権を証明が必要なスタンプを販売する場合は、ライセンス証明書や契約書など必要な書類を添付してください。」

とスタンプを最初に登録する時に書いてありますが、書面なんてわかりません・・・。

「どうしよう・・」

ということで、

・LINEスタンプ作成中 我が家のネコです
・日付け
・スタンプ作成中のタイトル

これだけの情報を手書きで紙に書き、猫のと一緒に撮った写真を添付して送りました。

猫の写真の背景はSNSにアップした物と同じ場所で撮影したものなので、これだったら完全に我が家の猫という事がわかると思いました。

ラインスタンプ 著作権 審査

再審査で1週間かかりましたが、

無事通りました!

ペットの写真のラインスタンプを作る時はこうすると良いのでご参考にしてください。

ラインスタンプを販売する

審査が通ると、スタンプ登録画面の右上の場タンが、「リリース」に変わります。

リリースボタンを押すと販売開始されます。

後は宣伝等をして使ってもらえる方がいれば売れるという事になります。

販売開始をすると、ラインスタンプの新着に載りますが、ここに載ったからと言ってポンポン売れるということはありませんので、ブログやSNSなどで宣伝していく事になります。

↓↓↓今回作ったラインスタンプはこちら↓↓↓

『変顔』黒猫スタンプ

何これ絶対売れないわ(=゚ω゚)ノ

猫の顔のみで文字などは一切付けてません。

ニュアンスで使うしかない、使いどころも良く分からないスタンプです(笑)

記念に作ったのでいいんです。それで・・(悲

スタンプの最低販売価格は120円・・・。

ホントは無料で配りたいんですが・・・。

最後に

今回は簡単にラインスタンプの登録~申請についてざっと説明しました。

スタンプを作って販売したいという方はご参考にしてください。

もし分からない事があれば、ツイッターで連絡してもらえれば分かる範囲でお答えしたいと思いますので先に進めないという方はご連絡ください。

それではまた!

スポンサーリンク