【甘やかすとエスカレート】猫の餌やり、量、与え方についての我が家の例

スポンサーリンク
【甘やかすとエスカレート】猫の餌やり、量、与え方についての我が家の例

猫って可愛いし癒されます。私はよそ様の猫を見るのも大好きな極度の猫好きです。

ツイッターでも、夜な夜なよそ様の猫を見ては「フフフ」っと妻の冷たい目を感じながらも、いつも一人で楽しんでます。

簡単に言うと、タダの猫依存症ですね。

前回は我が家の食育の話をしましたが、今日は「猫の食育」についての体験談・失敗談をご紹介。

子供の頃から何十年も猫を飼ってきたけれど、いまだに失敗しています。

猫を飼う予定や飼いたい、飼い始めたという方は、是非ご参考にして下さい。
(※勿論、猫によって違いがありますのでご注意を)

猫のご飯での失敗と注意したいこと

猫のご飯

猫のご飯は猫の健康の為には重要ですよね。

では早速・・・。

ご飯は甘やかすと、すぐに飽きる。

猫のご飯って色々ありますよね。

基本的に我が家では「お徳用の部類の猫エサ」をメインであげています。

子供の頃は何でも食べてくれますが、大人になってくると、結構飽きてきたりします。 

猫の餌やりは本当は1日2回~3回など決めて同じ時間で定期的にあげた方が良いです。

ただ、どうしても欲しがったり甘えてきたりするので、可愛いからと言って甘やかすと・・・、 

段々安いエサを食べなくなる。心配になりつつ少し高い物を上げてみると、美味しいので食べる。

矢印

しばらくするとそれすらも飽きてくるので、段々とエスカレートしてちょっと高いsheba(シーバ)や銀のスプーンなどの高いエサに手を出すようになる。

矢印

味を占めた猫は安い餌には興味を示さなくなる。

という構図がもれなく出来あがります。

私は甘やかすので、いつもこんな風になる・・。

また、猫も一度餌にうるさくなって安いエサをあげると、

こんな目で見てくるようになります。

結局セールなどを狙って買い溜めとかしますが、個包装のフードはあっという間になくなります。

癒しの対価と思えば安いかもしれないけれど、何匹も飼っているとそうはいかないので、ある程度の線引きをすることが必要になる。

私の場合、大体5年くらい過ぎたあたりから猫がグルメになってきて、段々とどこかの弾道ミサイルの様にエスカレートしていきます。

(ミサイルは落ちますのでイメージ図です)

おこづかいすくなっ!

現在大西洋まで飛びましたが、100に達すると色々な問題が起きるので、もう少し弾道ミサイルの性能を悪くする為に、少し工夫してます。

猫のご飯のお皿を変えると食べる。

猫のご飯のお皿を変えると食べる

餌に飽きてきたら、いつものごはんのお皿を違うものにすると食べる事が結構あるので私は猫用のエサ箱ではなく、今はお皿であげてます。

お皿が変わると新しい物だと勘違いして食べてくれるんですよね。

逆に食べなくなる場合もあるので、その場合は慣れた物に戻すようにして下さい。

舌触りとか食べやすさとかも影響する様子。

値段の高い餌と安いエサ混ぜると食べてくれるので、ごまかしたりもします。

食べ物の袋を破って食べ散らかす

猫 食べ物の袋を破って食べ散らかす

(↑こうならないようにご注意ください。)

その辺にご飯の袋を置いておくと、猫は嗅覚が良いのでビリビリに破って食べ散らかします。引き出しや、扉の有る猫が開けられない所に置く必要があります。

人間の食べ物も勝手に袋を破って食べてしまったり、袋のビニールとかもいっしょに食べてしまう可能性があるのでご注意を。

猫って意外に賢いので、簡単に開く扉では、少し目を離した隙に食い散らかしてます・・・。

人のご飯を横取りしようとする。

猫 人のご飯を横取りしようとする

人間のご飯は塩分や猫にとって良くないものが多く入っているので、最初からあげない方が良いのは多分間違いないですよね。

一度あげると、ご飯のテーブルの上にまで上がってくるようになります。

うちは過去に、たまに焼き魚などをコッソリあげていたけれど、食事時にあげないように暫くすると、人間の食べ物に興味を示さなくなるので治りました。

ついつい欲しがるからといって甘やかすと、返って猫の為にならないのでご注意を。

ちなみに特に食べさせてはいけないものを軽く調べてみると、

・塩分系
・香辛料系
・薬、サプリ
・カフェイン系
・お菓子類全般。
・チョコレート類
・酒・アルコール類
・猫フード意外の偏り
・ネギ系・タマネギ・ニラ

などと書かれてました。

人間の食べ物が猫にとって毒の場合がある事が多いようです。知らず知らずに中毒や下痢、嘔吐などをする場合がある様子。

スルメやパン類などの胃で水分を含んで膨張するものは、消化不良などの原因に直結して危険なので止めておきましょう。

どちらにしてもキャット専用のフードをあげるのが一番いいので出来るだけ甘やかさずにして下さい。

と言いつつ、私はたまにカニカマとかあげてます。

練りものもあまり良くないと言われてます。

こちらも親が過去からコッソリ何年もたまにあげていても病気にはならなかったので、私もご機嫌取りに少しあげたりしてますが、あまりお勧めはしません。

今の子は野良出身で9年目。今の所元気にしてます。

病院に連れて行ったことは去勢の時だけです。

他の人を見てると15年以上という方もツイッターでみたので、まだ短い部類かも知れないけれど・・・。

人に一切よりつかずエサだけ食べにくる子が何匹かいましたが、大体5年以内くらいで病気か交通事故などで天国へ行く事が多いので、外での生活の方が圧倒的に寿命が短い。

一概には言えないけれど、家にいる時間が長い ≒ 寿命な感じがします。

少し話がそれましたね。

とりあえず、一度人間のご飯をあげてしまうと、冷蔵庫の前などでずっと座って待ってたりするので、根負けしてあげてしまう事がよくありましたが、今は心を鬼にしてキャット専用のフードをだけを食べさせるように様にトレーニングして基本カリカリ(たまにウェット)にしてます。

ネットで見ると人間の食べ物はあげてはいけないと書いてありますし・・。

うちの子の現状、カニカマなどはあげても少量なので、実際、特に問題はないですが、出来れば猫用のおやつなど、ちゃんと栄養が調整されたものをあげる方が良いと思います。

マタタビはあげ過ぎに注意。

マタタビは猫の食欲増進などにも有効ですが、あげ過ぎは返ってよくないらしいので、少量に。量が多すぎると呼吸困難や猫の身体の負担にもなるのだそう。

今飼っている猫はマタタビにまったく興味がわかないので、ほとんど使いません。

効果がある子と効果が無い子がいます。

過去にマタタビが大好きな子がいましたが、一回にあげる量はほんの僅かにしました。

欲しがるから、反応が面白いからと言ってあげ過ぎにはご注意を。

私の経験ではオスの方がマタタビが好きで、メスは反応しない子が多いです。

歳をとって来て食欲が細くなってきた時などにご飯に少しかけて食べさせたりしてました。

また、段ボールや布の爪とぎなどに振りかけると、マタタビが大好きな猫は爪とぎどころか段ボール、布をかじって食べてしまうことがあったので合わせてご注意ください。

エサやりの量と与え方

エサやりの量と与え方

猫にご飯をあげると残す時は、お腹が一杯の時か、今度は逆にお皿などが変わった時も関係してくるので、お皿を元に戻したりして下さい。

意外にデリケートだったりします。

量は片手の手の平一杯くらいを朝晩1日2回あげてます。1回30~40グラム位。

うちの猫は、少しづつダラ食いする事が多いのでお皿をそのまま置いてます。

猫の体重は4キロ弱。およそ一般的?

ウェットフードもたまにあげます。水は飲ませた方が良いので、ご飯の横には必ず水を。

昔は、大きめの餌箱に、山盛りに入れて放置しておくスタイルでした。

意外に猫って自分でお腹が空き具合を調整するので、田舎なのでよく外に良く出かけていることもあるのだけれど、我が家では太り過ぎになることはなかったです。

数日も食べない時は病気の可能性があるのでその時は即座に病院へ。 

猫白血病的なものの場合は、すぐ連れてかないとだいたい間に合いませんでした。
(野良が捕まえれるくらい弱ってたら大体遅い事が多いです)

早く対応すると半年、1年くらい長生きしてくれることもあったので、早い方が良いと思います。

もとは猫同士の喧嘩などが理由のようなので、外に出かける以上は阻止できませんが・・・。

やっぱり野良猫出身の子は急に家に閉じ込める事は私の場合、無理でした・・・。

最後に。

自動エサやり器は便利なのと、人間の感情なしに時間や分量がしっかり保てるので安いのもあるので最近は自動エサやり器もいいなと思ってますが、ご飯をあげる時の猫の甘え具合は、毎日の癒される瞬間なので、やっぱり手であげるのが一番。

トーレニング中なので私も人の事は言えませんが、猫の食事は正しくあげて猫の健康を気遣ってあげて下さい。

ネットを見てると、もっと高級な餌も沢山あるし、そういうサイトを見ていると、

「安いエサを食べさせたら早く天国にいってしまいますよ。(というイメージ)」

くらい、私の不安をあおって購入ボタンを押してしまいそうになりますが、高級な餌だから長生きというのもまた違かもという気がするので、せめてある程度の値段で口コミの良い物を探した方が良いかもしれません。

私も探してますが、なにか良い物がありましたらツイッターで是非教えて下さい。

今回は私の体験談なので他の方はまた違うと思いますが、ご参考になればと思います。

それではまた!

スポンサーリンク