C-HACK

生活に役立つ話やSEO対策関連の備忘録

猫のお風呂はノミ・ダニに効果抜群だった!シャンプーの仕方と嫌がらない方法は?

スポンサーリンク

猫のお風呂はノミ・ダニに効果抜群だった!シャンプーの仕方と嫌がらない方法は?

猫は子供のころからお風呂に慣れておくと風呂好きな猫になるのだけれど、野良出身の猫となると、なかなかお風呂は嫌いなはず。

 

我が家の猫もノラ出身なので、たまに入れるが、やっぱり未だ、嫌いな様子。

 

入れようにもなかなか嫌がるので、頻度は2か月に一回くらいホコリまみれになって帰ってきた時などにお風呂に入れるくらい・・。

 

今まではそれで問題がなかったが、今回はノミ取りシャンプーで徹底的にノミを除去&嫌がりにくいお風呂の入れ方を実践したので、猫を飼っている方は是非ご参考にして頂きたい。

部屋のダニ・ノミは、まずは徹底除去

今年の夏は、近年稀にみる嵐のような勢いでダニorノミに刺されて、非常に痒い日々をしばらく過ごした。

結局、部屋全体を徹底的にダニアースや掃除機などで徹底的に掃除をして、一旦終息を迎えた。

 

↓その時の格闘の記録はこちら。

www.cumax-hack.com

 

しかし、根本の原因はおよそ猫が原因だとは感じていたが、昨日、ダニアースを噴霧して以来、久しぶりに私の部屋に遊びに来たので猫と戯れていると、なにやら黒い小さい虫が3cm位ジャンプしているのを発見した。

 

戯れていた時の映像がこちら

 

そして、ぴょんぴょん跳ねる、黒い小さい虫がこいつだ!

猫 ノミ

体長は1mm~3mmと言った所で、小さ目で一瞬見逃しそうになるくらいの大きさだ。

猫に付着して、部屋に侵入する。

 

取ろうとすると、3cmくらいぴょんぴょん跳ねて逃げ、捕まえて指先でつぶそうとしても全く潰れない、とても頑丈な身体を持っている。

 

そして逃げ足もなかなか早い。 

初めてノミという物を見た。

 

まずは、掃除機やコロコロなどでまずは部屋を綺麗に掃除した。

猫のお風呂の準備

部屋の掃除が終わったら、次は猫をお風呂に入れてノミを徹底除去しよう。

猫のお風呂は実際のお風呂でも良いが、今回はサイズ的に丁度良い衣装ケースを使った。

 

透明だと、ノミがお風呂に浮いてよくわかるので丁度良い。 

猫の風呂桶

 

シャンプーはこちら。

ネットで見ると人間用はダメらしいので、ペット用ののみ取りシャンプーを使おう。

ペット用ののみ取りシャンプー 猫

こちらは猫用。低刺激でノミ・ダニ・シラミをすっきり取り除いてくれると書いてある。

今回使って沢山ノミが除去できたので効果は抜群だ。

また、バリかかれる可能性もあるので裸で入らずに、濡れても良い服を着て洗ってあげよう。

猫をお風呂に誘う

意外に猫は敏感だ。すぐに何かされる違和感に気が付く。

なので、まずはお風呂に誘わなければいけない。

 

一番効果的なのは、

大好きなご飯をチラつかせてネコを一本釣りする

ことがお勧めだ。

猫 一本釣り

とりあえず、一本釣り成功だ。

 

不安そうな顔は仕方がない。終わった後にちゃんとご褒美をあげるから、我慢してもらおう。

 

そして、この時点で、外に出ないようにドアはしっかり締めておこう。

外に出てしまって愛猫が風邪でも引いてしまったら人間失格だ。

元も子も、ない。

 

結構悲しい声で鳴くのでとても可哀想だが、ぐっとこらえて洗う事にする。

まずはシャワーで首から下を濡らす。

まずはシャワーで首筋から下をしっかりと濡らしてあげよう。

 猫がお風呂を嫌がらない方法は、「顔を濡らさない事」が第一条件だ。

 

最初は水をはじくが、数分濡らしているとシッカリ地肌まで濡れてくれる。

 

ノミは地肌にもついているそうなので、シャンプーをしっかり浸透させる為と、お湯で溺れさせるのが一番ノミには効果的だ。

猫 お風呂 シャンプー

うちの猫はシャワーまでは比較的慣れてきているので、表情が少し和らいでいる。

シャンプーを首に付けてから全身に付ける

 色々ネットで調べてみると、シャンプーはまずノミなどが顔に上がってこないように首まわりに一周塗っておくと良いらしい。

 

ネットの情報を見習って首にシャンプーを塗り、猫の身体全体にもシャンプーを手に取り、馴染ませていこう。

猫 お風呂 シャンプー 首周り

写真の様なブラシを使って毛の流れに沿ってブラッシングしながらシャンプーしていくと良い。

また、手でも優しくマッサージするようにシャンプーすると、より猫の地肌にシャンプーが馴染んでノミやダニに効果的だ。

 

この時点で大体の猫は嫌がりだして逃げようとするので、

 

優しく声をかけてあげると猫は安心する(多分!)

これがお風呂を嫌がらない第2条件だ。

シャワーで流してお湯に入れる

しっかりシャワーで流したら。今度は衣装ケースに張ったお湯に入れよう。

お湯に入れるのはノミを溺れさせる為だ。

ただ、猫はお湯が嫌いな場合が多いので、

 

両手両足を掴んでそのまま首以外をつけてあげると比較的良い。

これがお風呂を嫌がらない第3条件だ。

 

お湯の温度が高いと猫が嫌がるのと、今は夏なので36度くらいのぬるま湯にした。

(人間が入るよりも少しぬるい位。冬は寒いのでもう少し温めてあげよう)

 

うちの猫はお湯が嫌いなので、これには苦労した。

猫 お湯 お風呂 つける

 身体に残ったシャンプーと毛の間に入ったノミを一網打尽に出来る。

3~5分くらいお湯に浸かっているだけでノミは溺れたのか、たくさん水面に浮いて来た。

出来るなら手でもう一度お湯の中でマッサージしながら洗い流すと良いと思う。

2回目のシャンプーは必要?

猫をお湯から出してみると、お湯の表面に

 

20~30匹くらいノミが浮いていた。

 

あまりの数にビックリしたので2回目のシャンプ―とお湯を入れ替えて同じ工程をくりかえしたが、2回目にお湯につけた時には浮いていなかったので、多分2回目はよほどひどい場合以外は必要ないと思う。

お風呂上りはタオルドライとドライヤー

 お風呂から上がったらすぐにタオルドライをしっかりした後、ドライヤーで乾かすのが一番早い。

 

水にぬれた猫は夏場でもすぐに震えるし、

寒そうにしているので出来るだけ早く乾かしてあげよう。

 

ドライヤーが嫌いな猫も多いはず。

うちの猫もドライヤーが大嫌いなのだが、2人がかりで乾かした。

ご褒美

 最初に約束していた通り、頑張った猫にはちゃんとご褒美をあげよう。

猫 お風呂 嫌いにならない方法 ご褒美

ご褒美をあげると猫はお風呂の事なんて一瞬で忘れてくれる。

これがお風呂を嫌がらない第4条件だ。

ノミ取り首輪

猫の顔は洗えないのでおよそ耳の裏などにもまだいると思われるが、黒猫なので目視で確認できないので、今後ノミが付かないようにノミ取り首輪をつけることに。

猫 ノミ取り首輪

ノミ取り用の首輪で効果は4か月持つらしい。

ゴムの様なもので出来ていて、花のような・・よくわからないニオイがする。

臭いはするが、猫に着けても全く嫌がらないので、多分猫には大丈夫なのだろう。

 

指は2本分位開けるのが良いと説明書にかいてあるのでその通りにした。

 

次の日に猫の寝ていた床の床を見てみると数匹天国へ召されたノミが転がっていたので首輪の効果も抜群なことを確認した。

身体はキレイにしたので、顔や耳などに残っていたノミか、外から帰ってきた時に再度付着したノミだと思われる。

猫 ノミ

終焉

これだけのことをすれば、まずノミは完全にシャットダウンできるはず。

また、ダニは目に見えないものの方が多いので、シャンプーで一緒に流れて行ったと推測される。

猫 お風呂 気持ちいい

その証拠に、珍しくダラーッと気持ちよさそうに寝ていたので多分身体の痒みもなくなったんだと思う。

 

 ご褒美もあげたし、ゴロゴロ、すり寄ってくると洗って良かったという気持ちになって癒される・・。

 

  

少し長めになってしまい大変申し訳ない。以上で猫のノミ・ダニ退治は完了した。

ご参考になれば嬉しいです。