【変な猫写真】ツイッターやブログで活躍する、ペットの変な顔をカメラで撮るコツ

スポンサーリンク
【変な猫写真】ツイッターやブログで活躍する、ペットの変な顔をカメラで撮るコツ

ここ最近は猫写真とツイッターにハマっているわけですが、今回はツイッターにアップした画像と動画が溜まって来たので、連載化してブログでも紹介します。

ツイッターは文字が少ないから毎日アップできるけれど、ブログってなかなかネタが思いつかないんですよね・・・。

と、いう時にペットがいると大活躍です。

今日は、変な顔を撮るコツなどを含めてツイートを紹介していきます。

ツイッターでどうやって撮ってるんですか?という猫好きさんも何人かいらっしゃったので合わせてここで紹介していきます。

カメラはiphone

私はいつもiphoneで撮影してます。しかもiphone5。もう化石くらい古いですよね。iphone8欲しい・・。

ピンぼけや明るさは大体いつもあってないですが、WEBにのせるくらいなら大活躍してます。

いつもはfireworksというソフトで明るさ、コントラストと幅などをカットして微調整してます。

photoshopだともっと色々できますが、面倒なのでいつもfireworksを使ってます。

無料ソフトならやっぱり「GIMP」というソフトが人気です。明るさとコントラストも簡単に調整できますので、お勧めです。 

スマホのアプリでもサイズ変更や明るさ調整出来るアプリがいくつかあるようなのでスマホでも完結できそうですね。

画像サイズは横500px

いつもブログやツイッターでアップする時はスマホユーザーが軽く見える様に横500px(ピクセル)にしてます。

フォーマットはjpg。サイズは50kbくらいを基準にしてます。

iphoneバーストと動画を使う

ツイッターやブログにアップするなら少しは目を引く面白い写真の方が楽しいですよね。

ただ、なかなかそう簡単に面白い瞬間って撮れない。

なので私はiphoneバーストの連続撮影を使ってます。

あのシャッターボタン長押ししていると、「シャシャシャシャシャシャ!!!!!」ってなるやつです。

あとから見ると結構良い瞬間が入ってたりするのでオススメです。

また、動画を撮影して後でPCで1コマをスクリーンショット(画面静止画)を画像にしてたりもします(画質はかなり落ちますが)。

良いカメラだったらもっと綺麗に取れますが・・・。

ここ最近の変猫ツイート集

はい。では最近のツイート集を。

先ほどのサイズや画質などを踏まえてみてもらうと良いかもです。

これはあくびの瞬間の一枚。ボケてしまってますがツイッターならまぁギリギリということで載せました。

iphoneは少し距離が離れるとすぐにボケボケになってしまいます。

こちらはiphoneで撮影した動画の中の一コマを画像にしてます。

距離が近いとまぁまぁ使えますね。 

こちらも動画の中の1コマ。あくびの瞬間って一番変顔になりやすいですね。

こちらも同じ動画の一瞬。

こちらも動画。結局、画質は大分落ちますが、動画から切り抜いた方が良い顔あるんですよね・・・。

うちの子は歳をとったのかあまりモミモミしなくなってましたが、珍しくモミモミしてましたのでアップ。

なんだろう、もみもみしてるだけなのに可愛く見えるのってずるいわー。

こちらも動画。距離が離れると、かなりボケてしまいます。

可愛いのでアップ。

免許書の証明写真みたいwとコメントもらったりw

めっちゃ良い顔ですねw

良い感じのヨガポーズ!

いつも機嫌のいい時に触るとこの恰好になります。

誘ってるのか!?そうなのか!? 

 

うちの猫は寝る時は大体白目w。

寝てる時は普通にカメラでパシャリと単発で静止画を取ってます。

怖いわっ!何故か私は銀魂の将軍編の床屋シーンを思い出す(知ってる人いますか?)

逆に機嫌がわるいとこんな顔。

こうなってからさらに調子に乗ってさわってると、バリかかれるので、2時間くらいは放置します。

するとすっかり忘れて戻ってくるのでまた、エサをあげてまた、遊びます。

猫の脳は単純ですね。

たまに撮れるよくわからない顔。

全く何考えてるか分かりません。

頂いたコメント抜粋

「わたしには未来が見える!!」
大きなお目目にすべて見透かされた?(*ノω<*) アチャー

これは、衝撃の事実を知った時の顔に見えます。
「私は、人間じゃないの?!」
「パパとママの本当の子じゃないの?!」

有難うございました^^

こちらは犬っぽい写真。iphoneバーストで。

バーストの方が画像はキレイですが、一枚1メガ以上あるので連続で撮りすぎると後でパソコンの容量オーバーと削除する作業が面倒になりますので、絞り込んで狙った方が良いですね・・・。

こちらは普通に思考停止してたので動画撮影。

やっぱり肉球って良いですよね。

iphoneはバーストでも動きが早いとすぐにこんな風にボケボケになります。

猫の耳ってこんな遊びが出来てしまいます。

全く痛くない様子。

プルンってなるとなんかスッキりしますw。

こちらは動画撮影の中の一枚。

接近で撮ると、なんとか画質が保てます。

こちらも動画から。ボケてますがいちおうぎりぎり使えるか位ですね。

こちらも動画。上のと同じ動画の中から抜きました。

こちらはiphoneバースト。

外でバースト撮影すると結構綺麗にとれます。

ピントのセンサー的なものが部屋の中だとボケるのかもしれませんね。

部屋だと照準(四角のフォーカス)が定まらないことが良くあります。

寝てる時に触る醍醐味。

癒されます。

こちらも動画。50cm位の距離なら何とか画像にしても良い位ですね。

こちらは外でiphoneバースト。

比較的綺麗にとれてますね。

こちらは朝見たら寒くて丸になってました。

丸になって寝てるだけなのに可愛いw

こちらはこの顔を見てたら同じ変顔をしてしまいました(笑)
こちらは動画から抜き出しました。

こういう顔大好きですね。

猫って一瞬で寝ててもご飯を判断できるんですよね。
ビックリ。

こちらは週刊誌風に取れたのでアップ

こちらは写真。写真は動画より画質が良いですね。

こちらは動画から切り抜き。少し離れるとこのぐらいの画質が限界です。

こちらは文字を入れてますが少しも字を入れるだけでもただの写真が使えますよね。

こちらはシュシュを猫に被せてフリーズしてる所を撮影。

被せものとかは普通に可愛いですね。

パソコンから動画編集してツイッターにアップする

動画編集はWINDOWS MOVIE MAKER(ウィンドウズムービーメーカー)という最初から入っているものを使ってます。

iphoneはパソコンに取り込み、パソコンからツイッターにアップする場合はそのままだとアップできないので、「.mp4」という形式に書き出ししないといけないので使っています。

動画の90度反転などの縦横回転、トリム(カット)などボタン一つで簡単にできるので重宝してます。

写真撮影失敗の例

iphoneで撮影すると結構失敗します。失敗するとこんな感じです。

たまに使えますが、動きがあるとすぐにぼけてしまいます。

特に部屋でiphone撮影すると、ピンボケしていつもこういう風になることが多いです。

iphoneペット撮影についてのまとめ。

こんな感じで、iphoneバーストと動画の切り抜きだと良い表情が結構撮れるので、ツイッターやブログでアップしたりする時に使えると思います。

iphoneの場合で顔を切り抜いたりする場合は50cm以内位で撮影しすると画質がなんとか保てます。

また、猫、犬などでおもちゃや餌に反応した瞬間を連続撮影すると、変な顔が1コマくらい面白い画像が入っていることが多いので合わせてお勧めします。

↓↓↓前回のツイッターツイート集のまとめはこちら↓↓↓
【黒の日】と言えば黒猫しか思い浮かばないけれど皆は違うらしい。

【変な猫】ちょっと笑えるここ最近アップしたツイッターのツイートまとめ。

最近ツイッターにアップしたツイート集(続:#猫好きさんと繋がりたい)

それではまた!

スポンサーリンク